admin  

市販品じゃ物足りない!電気製品の自作と発注の違い


電気製品を自作するメリットとデメリット

日常生活の中で使う電気製品にも自分なりのこだわりを持ちたいと考える人も多くいます。とはいえ、お金さえ払えば誰でも手に入れられる市販品ではオリジナリティを出すことはできません。世界に一つだけしかない自分だけの電気製品を手に入れたい場合に最適となるのが自作です。自作とは文字通り必要なパーツを準備して1から組み立てていく方法になります。自作のメリットは予算を大幅に削減できることです。市販品はパーツの代金、制作に携わるスタッフの人件費などが上乗せした金額で販売されます。自分で作るのであれば人件費という大きなコストを削減できるため、お店よりも大幅に安い値段で購入することが可能です。ただし、回路の組み合わせなど専門的な知識がなければ作れないというデメリットもあります。

発注する利点と注意点

自作にあたって電気製品に関する専門的な知識がない、不器用だから上手に組み立てられるか不安といった悩みを抱えている人も少なくありません。こうした電気関係が苦手な人は発注という方法もあります。発注は専門の業者に依頼をして制作を代行してもらう形となるので、専門知識や技術は不要です。具体的にイメージを伝えれば市販品にない自分だけのオリジナルの商品を手に入れることもできます。自作に掛かる手間と時間を省けるという点は大きなメリットです。その反面、人を介すことで人件費が発生するため値段は高くなります。業者によって値段は様々ですが、結果的に市販品を買った方が安かったという羽目にならないように金額の比較検討を忘れてはいけません。

近年のプリント基板実装は、基板の極小化や軽量化が進んでおり、電子基板の表面にICチップなどの電子部品を取り付ける表面実装が主流になっています。